オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

イルチ式植物の採取法

この記事を書いた人:イルチ

イルチ化粧品はハンガリーの首都ブタペストの郊外に自社農園を持っています。ハンガリーでオーガニック農園の認定をもらうのは、およそ3年間の有機農法を続けていることが必須です。

なぜ化粧品となる植物、ハーブやフルーツを自社農園で栽培しているのでしょうか?

実はハンガリーはオーガニック植物の栽培に適した土地なのです。

理由は寒暖差の激しい気候(夏は40度近く冬は-20度)と、夏の乾燥した空気に加え照り付ける太陽の紫外の強さが関係するよう。

植物は厳しい環境ストレスにさらされればされされるほど力強い子孫を残そうとする力が働き、養分が高くなるといわれています。

こうして厳しく育てられた植物は熟練されたハーバリスト(ハーブのスペシャリスト)達に一つ一つ手摘みされます。

収穫する時期は各植物に最適な時期を見極められ採取されるのですが、

(例えばローズの花弁は早朝が一番鮮度が高く保たれるなど、ハーバリスト達は植物の様子を見に農園を常にウロウロしているそう)

彼らに言わせると作業が大変だけど素晴らしい収穫物を見ることが出来るのもハーバリストの醍醐味の一つだとも言っています。

こうして丁寧に採取された植物達が熟成されて皆さまのお手元に届いているのです。

今回はその様子を少しだけ動画でご紹介致します。

自社農園でハーバリスト達によりカレンデュラが採取される様子