オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

目の下のたるみ、クマ。。。鏡を見たらまるでおばあちゃん!?

この記事を書いた人:吉良 裕子

老け顔の特徴と改善方法

老け顔と一言いっても、

目の下のたるみ、クマ。。。

鏡を見たらまるでおばあちゃん!?

「老け顔」ってちょっとショックなフレーズですよね…。

老けて見られる人の特徴

30代・40代と年齢を重ねていくと、鏡の中の自分を見て「だいぶ老けたな…」と感じることもあるかもしれません。

でも諦めないで欲しいのです!

老け顔に見えてしまうマイナスポイントを知っていれば、若々しく見せるための対策もできます。

若作りではなく、若々しく美しく見えるための方法を学べば、あなたも綺麗な大人の女性になれます。

お疲れモードな老け顔を卒業して、若々しい綺麗な表情を取り戻してみませんか?

今回は老け顔の特徴と改善方法をご紹介していきます。

老け顔の特徴って何?

老け顔にはいくつかの特徴があると言われています。

年齢よりも年を取って見える方に共通するのは、シワ・たるみ、そしてシミです。

眉間にシワを寄せたり、しかめっ面の表情が癖になっている人。

脂肪がついてしまったり、姿勢の悪さから二重あごになりやすい人も、老け顔さんの代表と言えます。

シミだらけのお顔は「おばあちゃんみたい…」と思われてしまいやすい特徴ですよね…。

髪型やメイク、もともとの顔立ちも老け顔の要因とは言われていますが、それよりもやはり目立つのは「シワ・たるみ・シミ」の3つと言えるでしょう。

もっと平たく言えば、お肌のコンディションこそが、顔全体の印象を決めていることになります。

老け顔の原因

老け顔に見える原因は、いくつかあります。

(1)シワ

言うまでもなく、シワは老化の象徴。深く刻まれたシワだけでなく小じわなどお肌が痩せている状態は、老けて見られる1番の原因です。

おでこのシワ、目尻のシワ、眉間のシワ

ほうれい線、口元のシワ。どれもメイクではなかなか隠せません。

(2)たるみ

輪郭がたるむと、やっぱり若々しい印象がありません。年齢と共に、お肌がだらしない感じに。

たるみは、弾力成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが減少することによってお肌の張力(ぴーんと張る力)がなくなってしまった状態をさします。

(3)シミ

シミもおばあちゃん顔に見られる要因です。

 

「老け」は目元から

特に年齢が出やすいのが目元です。目の下のたるみやクマは、見た目年齢を一気に引き上げてしまう要因のひとつです。

日頃の疲れが出やすいパーツだからこそ、丁寧にケアしてあげたいですね。

目の下のたるみやクマは「老け顔」を加速させる 目の下にたるみやクマがあると、疲れすぎて元気がないような、どんよりとした印象になってしまいます。

目の下にたるみやクマができてしまう原因は幾つかあることが分かっています。

どうしてたるみが出来るの?

たるみの原因は、「疲れ目」「顔の筋力低下」「目の下の脂肪」「目元の乾燥」「加齢」などです。

クマはたるみによって引き起こされますが、その原因はずばり!「筋肉の衰え」と「老化」と言われています。

目元で脂肪を支える役目をしている筋肉(眼窩脂肪)が衰え始めると、支えがなくなった脂肪がだらりと下がってしまうのです。

この下がった部分が、目の下で黒く影をつくることで目元のクマが表れます。老化によるクマもこれと似ていて、目元の皮膚がたるみ、垂れ下がることで影ができ、それがクマになります。

目の下にできる「たるみ」や「クマ」は、老け顔の特徴ですので、これらを目立たなくすることが若々しいお顔を取り戻すヒントと言えますね!

老け顔から卒業するための秘策:若く見える人の特徴は? 老け顔から卒業するために、若く見える人たちから「若見え」のヒントを探ってみましょう。

老け顔とは無縁の綺麗な人には、3つの共通する特徴があることが分かりました。今回は、髪型や服装、お化粧の仕方など、外からの工夫で変えられるものは除いて考えてみます。

若みえに変身!老け顔改善計画

①お肌のハリと弾力

指で押すと肌が押し戻されるようなプリッとしたハリや弾力を思い浮かべてください。

若く見える人の肌はフェイスラインが引き締まっていて、キリっとしています。お肌そのものにバネのような力がありますので、「たるみ」や「クマ」も目立ちにくく、お顔全体がキュッと上を向いて非常に明るい印象になります。

ハリや弾力のためには、保湿とフェイスラインのケアが役立ちます。

②お肌の潤いと透明感

ハリと弾力のほかにも、カサカサ感とは無縁のしっとりとしたお肌が若く見える人の特徴です。乾燥は美肌の大敵と言われていますので、水分が失われるとしなびた果物のように、肌表面にシワができやすくなるのです。しっとりとして透き通った肌があれば、若く見えることは間違いありません。ここでもやっぱり保湿は欠かせませんね。

③表情・姿勢

老けて見えない人は、明るい笑顔や表情も特徴的です。笑顔のためにはストレスとうまく付き合うことも大切ですよね。身体によい食事や睡眠を心がけ、生活習慣を整えることでストレスを軽減できます。また、良い姿勢でいることは、見た目をより一層若々しくしてくれる大切なポイントです。

姿勢が悪くなると顎が前に出て、おばあさんのように見えてしまいます。

お顔のチェックに加えて全身のチェックもしていきたいところですね。

あなたも今日から「老け顔」を卒業できます!

老け顔を際立たせてしまうのは「お肌」のコンディションと「生活習慣」です。

今回は「老け顔卒業」のための5か条をまとめてみました!

老け顔卒業のための5か条

その① 保湿を丁寧に!

保湿はお肌のコンディションを整える基本です。シワ・たるみ・クマを目立たなくするためにも、丁寧にケアしましょう。

その② 紫外線を避ける!

紫外線はお肌のシミを増やす一番の原因です。日頃からUVケアを心がけて、紫外線にさらさないように工夫しましょう。

その③ 生活習慣を整える!

(睡眠・食事・運動) 質の良い睡眠や食事はお肌の健康とも関係しています。適度な運動はストレスの軽減にも役立ちますし、美しい姿勢のキープにも役立ちます。

その④ マッサージ(フェイスライン・全身)でセルフケア!

フェイスラインのマッサージは、たるみやクマの予防に役立ちます。

アロマオイルや美容液を使って、丁寧にケアしましょう。

体全体のむくみを取ることもお肌に若々しさを与える大切なポイントです。

血行を良くしてツヤツヤなお肌を取り戻しましょう。

その⑤ 笑顔で明るい表情を!

活き活きとした表情は若く見えるポイントです!明るい笑顔を心がけましょう。

とはいえ、ストレスが溜まっていると、なかなか笑顔にはなれませんよね…。

そんな時は、毎日の生活の中で、リラックスできる時間を見つけてみるのはいかがでしょうか?

心のデトックスもしながら、綺麗なお肌を作っていきたいですね。 毎日のちょっとした心がけがあなたを「老け顔」から卒業させてくれます。

若々しい表情を取り戻し、毎日を楽しく過ごしていけたら素敵だと思いませんか?

日々の生活で若見え顔をキープ(老け顔予防法)

サプリを上手に!

これ以上老け顔が進行しない方法としては、

シミ、たるみ、シワを作らないと言う事です。

やはりスキンケアと睡眠そして、食事です。

ビタミン、ミネラルは必須なので、食事だけで取るのが難しい場合は、良質なサプリで摂取する事も大切です。