定期購入を申し込む 定期購入の規定

スキンケアやメイクアップで毎日使用している化粧品には、界面活性剤、BG、ミネラルオイル、ポリマー、シリコーンオイル、紫外線吸収剤、保湿剤、乳化剤、など、プラスチックなどをつくる、石油、廃油から作られている化学物質がたくさん含まれています。

また、高い密着力と保護力がある高機能なメイクほど、肌表面にとどまろうとする力が強いので、ラップのようにフィルム状に肌をぴったり覆うので、普通の洗顔料やクレンジングでは落としきれず、残ってしまいます

それが残留成分として、お肌のバリア機能を邪魔してしまいます。

どれだけ高価な化粧水や美容液を使っても、肌に入っていきません。

だから、効果がイマイチだったのです。

石油由来の合成保湿成分は、肌と同じ弱酸性・中性の成分です。同じ性質の弱酸性・中性洗顔やメイク落としでは、完全には落ちない。洗顔後に「ぬるっ」とするのは、うるおっているのではなく、残留成分として残ってしまっていて完全に取れていない証拠です。

古い保湿成分が、肌表面にワックスや透明フィルムのように蓄積していき、酸化して 肌ストレスに

トラブルの原因もなる、残留成分は一度角膜にくっつくと中々落とすことが難しいです

お肌に留まるように設計された化学成分は角質に絡み合い長時間お肌にいることを目的に配合されているから。

 

何でそんなに泡が洗顔流行って浸透していったのか?

泡洗顔は、無意味?

間違いだらけの洗顔法ここまで一般的に浸透していったのは『メーカー』マーケティング力が大きいようです。
歯磨きやシャンプーのイメージも手伝っているのかもしれませんね。
「モコモコの濃密泡で、毛穴の奥まで洗える」
これまでの常識でした。

しかし・・・ 泡には汚れを落とす力はありません。

洗浄成分=界面活性剤は水と油が混ざり合わすものでその時に少量の泡を発することがあります。
だからと言ってこの泡で汚れが落ちているわけではないのです。界面活性の水と油を乳化する力が汚れを落とすのです。

お肌に優しいと言われている「弱酸性の洗顔料」は石油由来の合成界面活性剤で作られており、
そして泡は泡立ちをよくするためだけに添加されている発泡剤で発泡剤だけ配合されていても洗浄力はありません。

「美容成分で作られた洗顔料では残留成分を除去できない」(画像化)
で、毛穴の奥まで洗える」

これまでの常識でした。

洗顔は老廃物や残留成分を正しく排出させる事が最も重要であり、美容成分を同時に入れることはできません。


ではフィルター状にお肌に蓄積されたダメージからピュアなお肌を掘り起こす洗顔料は?

汚れは、ごっそり、でも突っ張りナシ

石油由来の美容成分は化学の発達により角質に密着し絡みつきやすくデザインされているため、普通の洗顔料では落としきれません。
洗いあがり抜群の『保湿』『マシュマロ肌』の手触りを実現するには化粧品成分で角質にフィルター状に密着しなくてはならないからです。

そこで美容成分や界面活性剤と角質が絡まりあってできたブロック状角質の連鎖ダイレクトに分解できる弱アルカリ性の洗顔がおすすめですが、
アルカリ性洗顔料の代表作が石鹸です。通常の石鹸で洗顔されたことがある方の多くが

「つっぱりを感じる」「洗浄力が強すぎて、ひりひりする」

そういうお声が多く聞こえます。


石鹸は、大昔は植物の脂を釜で炊いて作っていました。古代の作り方であれば、洗っても汚れは落ちて、でもつっぱることはありません。

古代の製法のままで商品化できれば、天然の洗顔料として理想的な商品となったはずです。

しかし流通における大きな欠点がありました。
それは、植物の油脂や天然のハーブを使うと水分が出るので腐りやすく、「長持ちしない」という点です。
そこで近代では、長持ちさせるために水分を除いたのです。その結果天然の保湿分(グリセリン)まで除去してしまい、乾燥さえて作る製法で固形石鹸が出来ました。いくら後から人工的に美容成分を添加しても、天然の保湿成分と同じわけにはいきません。

だから石鹸=つっぱるというイメージになったのです。


「イルチのブラックソープ」角質と絡み合った化粧成分のブロックの連鎖をほどき取り除きますが、普通の角質は取り除きません。
これがまさに「しっかり汚れは取れてつっぱらない」原理なのです。

「誕生秘話」


さかのぼること60年前

のちにマリリンモンロージャクリーンケネディなどを顧客にもつハンガリー出身の医学博士ラスロー洗顔法に着目した
イルチ社創立者であるイルチモルナー女史は、ハーブを使った理想的な洗顔料を追求すべく研究に乗り出しました。

20年の歳月を費やして作った洗顔料が「ブラックソープ」。従来の固形石鹸ではなく、
「長期発酵ハーブを熟成させ、釜炊きさせた」古代製法を採用しました。

古代製法で作られる洗顔料は汚れがしっかり落ちるのに、つっぱらないという理想的な洗顔料です。

難点は、長持ちできないので長期保存ができない、そして大量生産ができないコストがかかるという3点です。
通常の化粧品メーカーであれば、この3つのデメリットは致命的です。しかしイルチは全く問題視せず、当時から
変わらぬロングセラー商品として変わらぬ製法で作られ続けています。

当時からエステティシャン専用の化粧品だけを作っていたイルチだからこそ、製品化できたのです。



 

ブラックソープは弱アルカリ性の洗顔料です。弱アルカリ性はメイクや皮脂汚れだけでなく残留成分までしっかり洗い流すことができます。洗浄力が強いと、お肌の必要案油分まで奪ってしまうのでは?という心配は必要ありません。

ブラックソープの、原料であるアマニ種子油やハーブの皮やヘタ、茎などの油脂分は通常なら商品のが長持ちしなくなるという理由で捨てられてしまいますが、実はこれこそが大切な天然保湿成分であり、ブラックソープの優秀な戦力となっています。

ブラックソープは肌表面の皮脂、セラミドをうばうことなく、汚れや皮脂、残留成分をダイレクトに吸着して裸肌(すっぴん)肌に洗い上げます。

定期購入を申し込む 定期購入の規定

ヨーロッパ、アメリカをはじめ世界25カ国で15,000店以上のエステサロンで使われておりその顧客は、ハリウッドの女優やセレブも名を連ねています。

エステ発祥だから、とにかく結果重視。

結果にうるさいハリウッド女優やセレブからも創業以来60年間愛され続ける理由です。

エステ先進国のハンガリーで生まれ国内サロンシェアは80%以上。

世界最高峰のエステティック教育機関であるCIDSCO(シデスコ)の世界大会に現在までに23回参加している実力派。

ハンガリーは、夏は40度近く、冬はマイナス20度と1年を通して温度の差がおよそ60度と寒暖差が激しい気候です。

また夏には紫外線も強くなります。植物というのは、厳しい環境ストレスにさらされればさらされるほど、力強い子孫を残そうとする力が働き、養分が高くなると言われています。

こうした乾燥した空気と降り注ぐ太陽の光が「抗酸化作用」の高いハーブを育てているのです。

政府機関であるBIOHUNGARIAの厳しい基準をクリアした、40ヘクタール(東京ドーム8個分)の自社農園におよそ150種類のハーブ、フルーツ、野菜などの植物を、全て3年以上有機農法を続けているオーガニック栽培にて育てています。

ベテランのハーバリスト(植物の専門家)がその植物に最適な収穫時期を見極めひとつひとつ手摘みにて収穫します。

たとえば、多くのハーブは早朝のみに収穫します。

植物の光合成は主に午前中行われるため養分が高い午前中に収穫することがベストなタイミングだからです。

最適な時期にひとつひとつ丁寧に手摘みされた植物は、温度や湿度が管理されている貯蔵室に運び込まれ、2年間以上熟成されます。

イルチ化粧品は、植物のエキスという抽出物だけでなく、その皮、へた、茎、種など細胞そのものを丸ごと熟成します。

今では、フィトケミカルという名前で広く知られていますが、植物の恵み=養分の大部分は、普段人間が捨ててしまう部分(皮、種、へた)などに存在することを創業者のイルチモルナー女史は代々ハーバリストという家系に生まれついたため、幼少のころから知っていました。

定期購入を申し込む 定期購入の規定

泡洗顔と比べてください

wash

動画で使用方法をチェック

定期購入を申し込む 定期購入の規定
定期のお得な特典、最安値はこちら 92%の方が定期をお選びしています

ブラックソープよくある質問

Q1おすすめの肌タイプは?
A1オイリー肌から乾燥肌まで幅広くお使いいただけます。またニキビや毛穴にお悩みの10代のかたから80代の女性までお使いいただいております。親子3代でお使いいただいているご愛用者も多いです。

イルチはエステサロン発祥の化粧品です。洗顔の過程はフェイシャルでも一番大切です。

しっかり汚れや余計な角質を取りさり、お肌を生まれたてのニュートラルな状態に戻す事でその後のスキンケアを大きく左右されます。イルチのエステティシャンは、

「良質な洗顔をすればスキンケアのトラブルの80%は解決される」

と口をそろえて言っています。
Q2他の化粧品とどう違うの?
A2ブラックソープは、石けん系の洗顔料です。石けん系の洗顔料であれば、弱酸性のものとくらべ「洗浄力が強い」とおもわれがちですが、実はそうではありません。

弱酸性は汚れ(弱酸性)を中和することができないので、合成界面活性剤が添加されており、それが汚れを落としています。

一方石鹸はそれ自体が、天然の界面活性剤であるので汚れ(弱酸性)と中和してダイレクトに落とします。

では石けん由来の他の洗顔料と同じか?はそうではありません。

一番大きな違いは、「製法」です。イルチのブラックソープは、固形石鹸ではなく軟石けんといって、加工をしていない液状の石けんです。


一般的な植物油脂が主原料だる石けんの場合は、固形にすることによって、原料にふくまれる保湿成分(植物の油脂にふくまれるグリセリンなど)をすべて排除してしまいます。これは、商品として長持ちさせるためであります。

イルチのブラックソープが他の洗顔石鹸とくらべ、使用期限が大変短いのは、こうした「生なま製法」にこだわったからです。
Q3お肌に合わない場合の返金保証はありますか?
A3返金保証はご用意しておりません。お肌に合うかご心配な場合は お試しトライアル商品もご用意しております。
ぜひご利用ください。
Q3使用量を減らしてもいいですか?
A3イルチのブラックソープは、大変手間暇かけた製法のため、原価がとても高価となっています。そのため通信販売もしくはエステサロンや一部美容室でしか、取り扱っておりません。

1回1プッシュで、60回分=約30日間お使いいただけますが、毛穴の汚れを集中的にお手入れしたい場合は最初の1-2か月やもしかして使用量が多く速くなくなってしまうかもしれません。徐々にお肌の調子が軌道に乗ってくると、使用量も自然と減っていきます。使用するのを減らしても効果が半減することはありませんが、せっかくお使いになるのに十分な効果が発揮できない量でお使いいただくことはおすすめできません。

正しいご使用方法は、ご購入時に同封しているガイドに記載がございます。ご使用前にかならずお読みください。
Q4フリーマーケットやオークションサイトに売られているのを使ってもいいですか?
A4イルチのブラックソープは、当サイト、楽天本店、yahoo本店、アマゾン本店のみが正規店です。またお取り扱いサロンについては、またサロン専用の商品が販売されています。それ以外は正規の販売店ではありません。

これらの出品者から購入した方の中には「使用期限切れの製品を売られた」という方もいました。非正規に販売されている製品に関するトラブル等について、弊社では一切の責任を負いかねます。くれぐれもご注意ください。

アマゾンペイでのお支払いはこちら