オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

「えっ、わたしって老けてる?」 その理由、もしかしたら髪の毛にあるかも?

この記事を書いた人:コスメスーパーバイザー

ある調査によると、50代の女性の髪を20代の女性の髪に差し替えた場合、平均的な「見た目年齢」が約5歳若く見える、との結果が出たといいます。髪が女性の外見の印象に与える影響はとても大きいことがわかりますね。

30代から加速?
髪の毛のボリュームダウン。その理由は?

30代で髪の毛のボリュームが減るのは、抜け毛が増えることが原因の1つ。特に女性ホルモンの分泌量が減るなどで、頭皮環境が悪化しやすくなり、脱毛症が生じる場合もあるのです。また、女性ホルモンの減少はストレスや肌の老化も引き起こすことが考えられます。そして、それらがきっかけとなり、またストレスを生むという悪循環に陥るのです。そのため30代からはますますヘアケアや頭皮ケアを意識する必要があると言えるでしょう。

 

女性ホルモンの減少が
毛髪のボリュームに影響します。

 

加齢により女性ホルモンが減少する、乱れやすくなる年代だからこそストレスを抱えない様にすることも大切です。不規則な生活や栄養バランスの悪い食生活、さらにはストレスなどが考えられます。不規則な生活の代表例は、昼夜逆転生活や睡眠不足などが挙げられるでしょう。さらに栄養バランスが乱れた食事としては、脂質や糖質、アルコールなどが多く、暴飲暴食も避けましょう。また、ストレスなどは、自律神経の乱れやホルモン分泌をコントロールする脳の視床下部へダメージを与えると言われています。こういったことが継続されるとますます女性ホルモンのバランスが乱れる可能性が高いです。そのためストレスを与える問題から離れることや、溜まったら発散させることを心がけましょう。

ただとかすだけではNG!
ブラッシングが大切、そのわけは?

 

ブラッシングは、ヘアスタイルを整えたり髪のからまりを取り除いたりするだけでなく、頭皮を刺激して血行を促すという役割もあるんです。頭皮の血行がアップすると、滞っていたヘアサイクルが正常に働き、傷んだ髪を健康な状態に導くことが可能に。特にこの時期は、紫外線の影響で頭皮が硬くなりやすいので、ブラッシングで適度な刺激を与え、血行をよくすることができます。また、ブラッシングすることでキューティクルが整い、髪にツヤを与えられます。このように、簡単に頭皮や髪をケアできるのがブラッシングの魅力なんです。

 

ブラッシングはいつ行えばいい?

髪を健康な状態に保つためには、洗髪前に天然毛のブラシでブラッシングするのがおすすめです。頭皮の血行を高めるのはもちろん、髪や頭皮についたホコリや汚れを浮き上がらせることができ、シャンプーもスムーズに。また、ツヤを出すために、乾いた髪をブラッシングするのもよいでしょう。濡れた髪をブラッシングする場合は、目の粗いコームなどで優しくブラッシングし、キューティクルを傷めないように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

コスメスーパーバイザー

スキンケア大好き
スタッフ八田
プロフィール